名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

【甕泡盛】「仕次ぎ」効果が明かされました!

泡盛は自らの力で熟成する
世界でも類を見ない稀有なお酒です。

もちろん容器を選ばず熟成するのが
泡盛の特徴ですが、今朝の新聞紙面より
仕次ぎ(継ぎ足し)」を行うことで
より香味を増すということが明らかになりました。

琉球新報
出典:琉球新報

「せっかく熟成したのに
 また新酒を入れるなんて…」

そんな声が聞こえてきそうですが
それがまったくの逆!

「仕次ぎ」を行い
もともとの泡盛と混ざり合うことで
より活性化されるんです!

グラフからも分かるように「仕次ぎ」」は
泡盛特有の刺激を和らげる上、香味が強くなる!

本当に理にかなった
沖縄に古くから伝わる
古酒の育成方法なのでした。

仕次ぎを行う理由-。

甕はビンと違って
中の泡盛が少しずつ減っていきます。
その主な理由は
気化や甕そのものに泡盛が
染み込むからだと言われています。

それゆえ、甕泡盛は封を開けずに
ずっと寝かしたままにしておくのではなく、
時折、味見を兼ねて量をチェックしましょう。

そして、もし泡盛が減っている場合は
用意した泡盛で仕次ぎ(継ぎ足し)を行い
さらに熟成を促します。

泡盛の保存に「甕」が最適な理由とは-。

泡盛は熟成するお酒です。

時を重ねるほどに味わい深くなり
まろやかさが増すのが特徴です。

3年以上熟成させたものを
「古酒(クース)」と呼び
5年、10年、20年と長期熟成も可能です。

ちなみに、ビンでも熟成しますが
土から作られた甕で保存するのが一番。

なぜなら、甕は空気に触れる率が高く
酸化から熟成が早く進むこと。

また、甕からほんの少しずつにじみ出る
土のミネラル成分がお酒にいい化学反応を
起こさせ、古酒化を促すからです。

なお、表面を釉薬(ゆうやく)で
コーティングした陶器のような甕は
外気との酸素交換ができないため
泡盛を保存するのならば
伝統的な甕をおすすめいたします。

アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら
 

古希祝いに感動の贈り物!南蛮甕名入れ彫刻泡盛

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
今日、3月14日はホワイトデーですね。
お返しのスイーツは忘れないようお気をつけてください。
ところで来年のバレンタインデーから沖縄ではチョコではなく、泡盛を贈るというのはいかがでしょうか・・・(笑)
ほとんど願望ですが。。^^;

さて昨日は、お父上様の古稀記念の贈り物にと、当店で南蛮甕名入れ彫刻泡盛をお作り頂きました沖縄市にお住いの金城恵美様より、嬉しいメールとご一緒に素敵なお写真が届きました。
お客様ご了解の上ご紹介させていただきます。

金城様ファミリー
【お客様の声】
 かりゆし沖縄 平野さま
 先日は、御丁寧なメールありがとうございました。
 おかげさまで、3月7日 父の古希祝いができ父もかなり喜んでいました。
 本当に素敵な贈り物を贈る事が出来、兄弟一同 感謝の気持ちで一杯です。
 又いつか、何かのお祝いなどがある時にはお世話になると思いますので、
 その時には、又宜しくお願いします。
 本当に、ありがとうございました(^^)

金城様、この度は御家族皆様の素敵なお写真を送ってくださり、本当にありがとうございました。
お父上様の笑顔、そしてご家族皆様の笑顔を拝見し、胸が熱くなりました。
心よりお礼申し上げます。
今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます。

かりゆし沖縄 店長 平野 浩一

アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら