名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

赤ちゃんに泡盛を贈る本当の理由

【画像】赤ちゃんを抱っこする両親と名入れ泡盛
お客様の声より

あわもり物語

沖縄では、昔から赤ちゃんが生まれた時に泡盛を仕込み、その泡盛を20年寝かせ、子どもが成人を迎えた時に初めて「世界にたったひとつ」となった秘蔵20年古酒の封を開け、家族や親戚の人たちと大切な記念日を祝う風習が、今も脈々と受け継がれています。

それでは、なぜ最初はどこにでもある泡盛が、やがて世界にひとつの泡盛となるのでしょうか?

沖縄の民家

「世界にたったひとつ」の本当の理由

泡盛を保管する家庭の環境(気温や湿度等)は、さまざまです。

また、音楽などから生まれる「振動」が、泡盛にいい影響を与えることから、ある酒造所では、泡盛にクラシック音楽を聴かせているそうです。

もしそうだとしたら、泡盛は家族の会話を聴き、日々の出来事を家族の傍で見守りながら、子どもとともに育っているのかもしれません。

生まれたばかりの可愛らしい赤ちゃんの泣き声。
お父さんの大好きな三線の音色と島唄。
家族を陰から支えてくれるお母さんの優しい声。

泡盛を育てる環境が違えば、泡盛に与える影響も変わり、熟成期間が長ければ長いほど、その変化も大きくなります。

ある日、ひとつの家族のもとにやってきた泡盛が、子どもが成人を迎える日まで、ともに時と熟成を重ねる。

その家族の物語を記憶した泡盛こそが、「世界にたったひとつの泡盛」になるのです。

【画像】こどもと名入れ泡盛
お客様の声より

泡盛の熟成とともに、かけがえのない家族の絆が、 より深く結ばれますように、 心より願っております。

【画像】商品ラインナップ

コメント