名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

【お祝い行事】沖縄の十三祝いとは?

【画像】沖縄の13祝い

ハイサイ! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は沖縄のお祝い行事「十三祝い」をご紹介いたします。

数え年で13歳になると、男子も女子も最初の干支を迎えます。

そのため「十三祝い」といい、生まれて初めてのトゥシビー(生年祝い)です。

とくに女の子は、次のトゥシビー(25歳)では結婚して家を離れているかもしれないために、十三祝いでは家族や親戚、友人を招いての盛大な祝宴となります。

※「数え年」とは、生まれた時を1歳とし、以降、お正月(元旦)を迎える度に、1歳ずつ足していきます。

ちなみに、本土でも「十三参り」というお祝い行事があります。

十三参りは関西地方を中心に現在でも行われており、女の子が「数えで13歳」になった年の4月13日に虚空蔵菩薩に参拝し、福徳や知恵を授けてもらいます。また女性にとって13歳は、初めての厄年とされ、厄除けの意味も含まれています。

「十三祝い」についてご紹介させていただきました。

【画像】かりゆし沖縄の商品ラインナップ
【画像】生まれ年名入れ泡盛

コメント