名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

沖縄の還暦祝い(61のお祝い)

【画像】沖縄のお祝い

はいさい! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、沖縄の「還暦祝い」をご紹介します。

干支(十二支)でできる60通りの組み合わせ「六十干支」が一巡し、61年目に再び生まれたときの干支に戻るころから、「還暦」と呼ばれるようになりました。

また生まれたときの干支に戻ることを意味する、「本卦(ほんけ)返り」とも言います。
(「還」は「かえる」「戻る」、「暦」は「干支」を意味します)

沖縄では「六十一のお祝い(ルクジューイチヌユーエー)」ともいい、本土と同じく赤い布でできたチャンチャンコや、赤い頭巾など、赤い物を贈る習慣が古くからあります。

昔は60歳まで生きていられたらそれは大変な事でしたので、まさに長寿を祝うお祝いでしたが、今は60歳でも現役で頑張っている人も多く、長寿というよりは、人生のひとつの節目、また第二の人生の門出と位置づけている方の方が多くなっています。

ましてや、長寿の島 沖縄ではこんな言葉があるくらいです。

50歳、60歳はワラビ(童)
70歳、80歳はニセグヮー(青年)
ヒャクハタチ(120歳)まで長寿して下さい

皆様、いちまでぃん ちゃー がんじゅう!
(意味:いつまでもお元気で)

【動画】泡盛物語 -還暦・長寿祝い編-

【画像】かりゆし沖縄の商品ラインナップ

コメント