名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

でも快適だった。

気分的に、通勤ルートの『行きと帰りは同じ道を通らない!』と決めている…

混雑する時間帯や、その日の天気や気分やらで
通勤ルートは(大体決まってはいるけれど)基本、行き当たりばったり…

瓦職人

赤瓦を屋根に敷き詰める職人。

職人がカッコよく見えるのはなぜだろう…

瓦職人も減っているそうだから
今は機械で作っているんだろうな…

色々考えながら車を走らす。

社会人になりたての頃は、通勤ルートは少しでも時短!が基本だった。

そのせいで、渋滞に巻き込まれるといつも心が落ち着かなかった…

「狭い沖縄(日本)、そんなに急いでどこへ行く」

よく耳にする。

気持ちばかりが焦り、心が落ち着かない。

そんな毎日がイヤになり、以前、1車線だけでゆっくり通勤してみた。

よんなーよんなー
妙に気持ちが落ち着く通勤路。

シーサー

たくさんのシーサーが屋根に…

くだらないことかもしれない。
大したことでもない。

でも快適だった。

普段気にもかけない何気ない道。

どうってことない日常の風景が、なんだか心地いい。

なんとも言えないあの気持ち。

 

コメント