名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

【お祝い行事】沖縄のナージキとは?

【画像】新生児の赤ちゃん

ハイサイ! グスーヨー チュウウガナビラ(皆さま、こんにちは!ご機嫌いかがですか)

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、赤ちゃんのお祝い行事、「ナージキ」をご紹介します。

赤ちゃんのお祝い行事 ナージキ(名づけ)

昔、沖縄では出産日から7日目までに「ナージキ」を行いました。

その時につける名前を童名(ワラビナー)といい、戸籍上の名前ではなく、身内や隣近所で用いられた通称で、長男には祖父、長女には祖母、次男以下の者には母方の祖父母と同じ童名が付けられることが多かったそうです。

ちなみにナージキの儀礼は、おばーが中心となり、お供えものをして、ヒヌカン(火の神)とトートーメー(位牌)の前(又は庭)で行われます。

【画像】祖父と孫

最後に泡盛とウバギー(産飯)をトートーメーにお供えし、線香をたいてご先祖様にワラビナーを報告します。

※儀礼の方法は地域によって違いがあります。

【動画】泡盛物語 誕生祝い編 未来への贈り物

沖縄の赤ちゃんのお祝い行事、ナージキのご紹介でした。

次回は、マンサンをご紹介いたします。

【画像】名入れ泡盛
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら
 

コメント