名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

泡盛古酒に新たな特徴が解明!

【画像】泡盛の貯蔵蔵

ハイサイ グスーヨー チューウガナビラ

突然ですが、皆さまにとって「泡盛古酒の魅力」はなんでしょうか?

「まろやかな味わいがクセになる」「バニラのような甘い香りがたまらない」等々・・・どれも泡盛だけが醸し出す魅力かと思います。


【参考】

こどもが生まれたらなぜ泡盛を贈るの?

泡盛は世界で唯一、ご家庭で百年以上育てられる名酒です

泡盛ものがたり~絆を深める結酒~

【泡盛の魅力】伝家酒宝

泡盛は百薬の長?

泡盛とカロリーのお話し

【甕泡盛】「仕次ぎ」効果が明かされました!

【泡盛と洋酒】熟成の違い


そんな魅力満載の泡盛古酒ですが、この度、あらたな新特徴が明らかにありました。

【画像】琉球新報の記事
出典:琉球新報

要約しますと、

・泡盛古酒は一般酒に比べて「ドライフルーツ」の香りが強い特性がある。

・ドライフルーツの香りは貯蔵年数に比例して特性が強くなる。

と、いうことです。

普段、「ドライフルーツの香り」を意識しないせいでもあるかと思いますが、古酒を楽しんでいる中で、「あれ?ドライフルーツの香りがする」と感じたことがないため、今回の沖縄国税事務所の論文発表にはチョットびっくりです。

ただ、何も泡盛古酒がドライフルーツだけの香りがするのではなく、よく言われている「バニラの香り」や「カラメルの香り」などと混じり合い、その結果「泡盛古酒の独特の香り」が生み出されるのだと想像します。

いずれにしましても、最近の泡盛に関しての新情報はどれも素晴らしい情報ばかりで、この勢いに乗って念願の「国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録」に決定されるよう期待して待ちたいと思います。

それでは、みなさん また、やーさい!


コメント