名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

9月4日は「古酒(くーす)の日」

はいさい!宜志やいびん!!
本日、9月4日は語呂合わせで「古酒(くーす)の日」ですね!
そこで今日は、泡盛の古酒について少し紹介をさせていただきたいと思います。

忠孝琉球城焼甕壺

「古酒(くーす)の日」は、古酒文化の継承と発展を広く伝える為、泡盛百年古酒元年実行委員会によって制定されました。
泡盛には約600年という長い歴史があります。
そして日本最古の蒸留酒で、焼酎のルーツと言われているだけではなく、「国産最高の蒸留酒」とも言われています。

多良川酒造地下蔵内部

泡盛の最大の魅力は、なんといっても年月をかけて熟成させれば、素晴らしい「古酒」に育っていくこと。
沖縄では古酒と書いて「クース」と読みます。

長期熟成泡盛貯蔵甕壷

また、よく甕やビンに入れて熟成させることを「寝かせる」「貯蔵する」と表現します。
寝かせば寝かすほど香りも良くなり、口に含んだときの舌触りもまろやかになります(変化します)。

そう、長期熟成泡盛(古酒)のもうひとつの魅力は、香り。

泡盛の香り

その風味の芳醇さは、1853年に琉球国を訪れたペリー一行が、「まるでフランスのリキュール(ブランデー)のようだ」と表現したように、現代でも世界的に評価されている年代物のウイスキーやブランデーと肩を並べることができるほどの名酒が泡盛です。

では、泡盛はどれくらい熟成させれば古酒といえるのでしょうか?

古酒とは

現在の規定では、泡盛の全量を3年以上寝かせたもの(貯蔵したもの)に限り「古酒」表記してよいことになっています。
反対に、蒸留して3年未満の泡盛は「一般酒」と呼ばれ、いわゆる日常で手頃に飲める泡盛として広く流通しています。

泡盛一般酒
ウィキペディア(Wikipedia) より

また、古酒の中にはいくつかの泡盛を混ぜたり、割合が違ってたりする場合もあります。
その場合、表記としては寝かせた(貯蔵)年数が若い泡盛に合わせなければなりません。
例えば、「3年貯蔵泡盛 + 5年貯蔵泡盛 = 3年古酒泡盛」といった具合です。

泡盛は熟成するお酒です。
昔から「金庫のカギは家来に預けても、酒蔵のカギは主人が肌身離さずに持ち歩いた」といわれるほど、古酒は大切に育まれ珍重されてきました。

酒器カラカラ

沖縄では、出産祝いに泡盛入りの甕(壷)を贈り、子どもが成人式を迎えたらみんなで20年ものの古酒で祝う風習が今なお残っています。

熟成泡盛の香り、美味しさとその文化を語り合う「古酒(くーす)の日」
県内各地ではイベントなども開催されます。

古酒(くーす)の日イベント
今年は、パレットくもじ前イベント広場にて開催

琉球泡盛の楽しみ方、さらに古酒文化が皆様に広く認知され、生活の一部となって定着し、さらに受け継がれていく…

泡盛物語

皆さまの絆を深めていく「結酒

泡盛「古酒(クース)ロマン」

なんだかワクワクしませんか?

【世界でひとつ】究極のプレゼント・・・沖縄/特別編

★しあわせ舞台感得土居(どい)の、沖縄移住物語★

「ええ~~!? た、タイムカプセルに初の泡盛投入!!」

みなさんこんにちは。
突然ですが、最近感動しましたか?

「わあ~~って思うようなコト、何度ありましたか?」
ぼくは、この2月の23日、とてもとても感動しました。

なぜなら、中学生の卒業に合わせたタイムカプセルの中に、名入れ泡盛記念ボトルを投入していただくことになったからです!!

 

 

きっかけは、とあるお嬢さま(お客さま)が還暦をお迎えになったお父さんに、と贈られたボトル。

それを受け取ったお父さまがご来店。小生とご近所であったり、そこ読谷村(よみたんそん)のすばらしさを語り合ったのがきっかけでした。
ほんとうにありがたいことです。ご縁に感謝感激であります。

あ、そうそう。そもそもなぜ感動!!なのか・・・・
それはご存じのみなさんも多いと思いますが、泡盛はボトルの中でも熟成を重ね、時を経て、人生の物語を紡いでいくほどに芳醇でまろやかな味わいとなる、まさに未来への贈り物、なのでありますね。

 

 

ここ中頭郡(なかがみぐん)読谷村中学3年生を卒業されたみなさんが、この後、出会いと別れを繰り返し、15年後の30歳の1月に、また同窓会として集まるそうなんです。

校長先生のお話でちょっとうるっときてしまいました。
「わたしは、初めて教師というものになって担当したのが2年9組でした。よれゆえ担任を離れる時、生徒のみんなと約束をしたのです。
”29年後の2月9日、2時(14時)9分、またここ(当時の学校)で会おう”と・・・・」

・・・・・8人の生徒さんが来て、夜は何十人とたくさん集まってお酒をたしなんだそうです。

ね、ね、いいでしょ~~

15歳の生徒さんは、きっとこの日をしばらく忘れてしまって、社会に巣立っていくのだけれど
また、”会える”・・・・そんな「約束のお酒」・・

なんてロマンティックなんでしょう・・・

 

 

みなさんのタイムカプセルは、どこかにありますか?
ぼくにとってはたったひとりの息子の中に、あるのかもしれません。
これからたくさんの学校で、こんなロマンスが生まれるといいな。
卒業していく生徒さんが、平和と愛の中でたくさん子どもを作って社会を育んでくれたらいいな。
そして今回のように、それを支える教育者が、熱くて優しいといいな。
この度、わたしたちかりゆし沖縄に、全卒業生を前にご挨拶をさせていただき
このようなかけがえのない機会をくださった「未来 夢 実現委員会」のみなさま、沖縄県教育委員会のみなさま、読谷村教諭のみなさん、
保護者のみなさん、ほんとうにありがとうございます!!
沖縄が世界に誇る「泡盛を贈り合う」文化を広めてまいります!!


>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

琉球の伝統を継承する-心を結ぶ琉球泡盛-

琉球王朝時代から、沖縄では甕に貯蔵した泡盛を古酒に育てる伝統がありました。

王家では百年を超える泡盛古酒を国賓に振る舞い互いの和を確かめ
名家では家宝の古酒を振る舞うことで親友や家同士の絆を深めていました。

いわば泡盛古酒は、人と人の心を結ぶ
おもてなしのお酒だったのです。

先の世界大戦でそのような古酒文化は一度途絶えたかに思われましたが
戦後七十年を経た現在、徐々に復活しつつあります。

泡盛は人と人の心を結ぶ、おもてなしのお酒

家庭で泡盛古酒を育てる人も増えました。

昨今では誕生祝いや結婚祝い、新築記念と、人生のめでたい節目を迎える方々に
記念の泡盛を贈る習慣も一般的になっています。

その泡盛には、皆様のご家庭が末永くお幸せで、お贈りした泡盛が百年、二百年と育ち
御家珠玉の家宝となりますようにとの願いが込められています。

 

【泡盛復活論】

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)
今日も梅雨とは思えないほど、朝からてぃーだかんかんの沖縄です。
さてさて、ここ最近は「泡盛が売れない!売り上げが落ちた!」等々の話題がマスコミに取り上げられていますね。


プレス発表

 

うーん、各酒造所では色んな対策を立ててはいるようですが、なかなか特効薬的なものはないような・・・
20年以上前、まだ沖縄に移住する前で、ただただ沖縄に憧れていた頃、普段「泡盛」を飲む機会もなく、ましてや泡盛を目にすることさえもなかった頃は、幻の泡盛「古酒(クース)」ってどんな味なんだろうと一人想像してはワクワクしていたもんです。
本来、沖縄の宝「泡盛」はそのくらい価値のあるお酒だと今でも思っています。
それが2003年から2005年まで続いた泡盛ブームで「日本全国いつでもどこでも飲める酒」になり、その価値は年々薄らいでいってしまったのではないでしょうか?

 

プレス発表

 

そこで私の考える「泡盛復活案」は、泡盛を門外不出の酒にすること。(笑)
つまり泡盛を県外に出荷しないことで、泡盛を再び「幻のお酒」にしよーではあーりませんか!ってことです。


以前、ある酒造所の方から聞いた話では「今は県内出荷9割、県外は1割位かなー」と仰っていました。


もし、沖縄県内の売り上げだけでも「採算は合うさぁー」という酒造所は、今後、県外出荷は一切行わないという壮大且つ大胆な決断をしていただきたいなぁーと思う今日この頃です。


まぁ、でも、経営判断としてそれを決断するのはかなり困難を伴うというか、「そんな馬鹿げた話はない!」と一蹴されそうですが。。
ただ、消費者意識としては「簡単に手に入らない希少なもの」というのは大変魅力的であり、それを所有する満足感はハンパないのもまた事実。
(北海道のお土産の定番「白い恋人」はその良い例かと。。)


泡盛自体はすでに高い商品力を持っており、あとは売り方かと・・・
全国の泡盛ファンの皆様は、この「泡盛門外不出案」
どう思いますか?


それでは、今日も一日ゆたしくうにげーさびら!!

>>かりゆし沖縄のホームページはこちらから

2016年 春季全国酒類コンクール 第1位特賞受賞

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)
私たち「かりゆし沖縄」が推奨する崎山酒造廠の『松藤』が全国酒類コンクールにて、またまた最高賞の1位特賞を受賞!!

 

琉球新報の記事

琉球新報の記事

まさに名実ともに「king of awamori」ですね!

そんな上等泡盛で『世界にたった一つの名入れ泡盛』を、かりゆし沖縄では1本1本ウムイをこめてお作りいたします。
大切な方へのちむぐぐるギフトなら、ぜひ当店にお任せくださいね!
それでは、今日も一日ゆたしくうにげーさびら!!

>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

『琉球泡盛消費拡大に向けたシンポジウム』に来ています。

「お昼ご飯食べた?」
「うん、カレー(ライス)飲んできた」
……………………
東京で忙しく仕事をしていました頃、
食事時間は5分を切ることもしょっちゅうでした。
しかも立ち食いそば屋が至るところにあり、カレーももちろんあるのです。
今日は、『琉球泡盛消費拡大に向けたシンポジウム』に来ています。
ざっと200人強でしょうか?

 

琉球泡盛消費拡大に向けたシンポジウム

 

おそらくご出席の皆さまは、泡盛は『飲むもの』とお考えのことでしょう。
果たしてそうでしょうか?


琉球泡盛消費拡大に向けたシンポジウム

 

常識を蹴散らし、『え???』
と思うこと、発想すること。
情報の発信は、共感につながるとは限らない時代に向けて、
かりゆし沖縄は社内で楽しみながら、徹底してブランドの方針を確かめていきます。


琉球泡盛消費拡大に向けたシンポジウム

 

歴史や文化の先人に教えをいただきながら
『ありがとう』『おめでとう』の舞台演出のお手伝いを全力で、します。
「(泡盛)を飲むと、こーんなにハッピーになれるのに・・・」
そんなイマジネーションをマーケットに共感してもらうことが何より必要かと思います。
みなさんはいかが思われますか??(^-^)

 

泡盛ものがたり

想いを届けたい・・・
『泡盛ものがたり』

>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

第31回泡盛の女王選出大会

第31回泡盛の新女王が決定しました!

 

泡盛の女王選出大会

2016年度の泡盛の女王に決まった(左から)中石美菜子さん、友寄美幸さん、阿波根あずささん=6日、那覇空港
※琉球新報社HPより抜粋

沖縄の伝統酒 泡盛 の情報発信、当店も応援してます!!

すごいポテンシャルを秘めているにも関わらず
消費量が減少傾向にある泡盛ですが
私達と一緒に沖縄を盛り上げていきましょう(`・ω・´)‼

 

泡盛の女王

「泡盛の女王」に中石さんら3人 「国内外に魅力PR」
※沖縄タイムスプラスHPでも紹介されてました。

県内、国内外へ沖縄の宝
「琉球泡盛」のすばらしさが伝わりますように・・・(´-ω-`)

>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

泡盛に賞味期限はありますか?

名入れ泡盛オリジナルボトルに関しまして、
お客様から多く寄せられるご質問をまとめてみました。

 

【ご質問内容】
お酒は飲まずに保管していても大丈夫なのでしょうか?

 

泡盛の特徴は、自分自身でずっと熟成していくところにあります(瓶内熟成)。
いわゆる「賞味期限のないお酒」です。
特別な保存方法についてはありませんが、日の当たるところを避け、
比較的冷暗所で保存していただければ問題ございません。
(住居内であれば、日の当たらないところで大丈夫です)
開封後も同様です。
泡盛にも(ウイスキーやブランデー、日本酒などと同様)いろいろな種類がございますので、その限りではございませんが、当店で取り扱っている記念ボトルに充填している泡盛は、沖縄県北部に構える、「崎山酒造」製造、銘柄「松藤44度」の新酒となります(添付画像参照)。

 

崎山酒造廠

 

過去には全国酒類コンクールなどで最高賞受賞の経歴を持つ、沖縄県内ではもちろん、全国的にも貴重な泡盛蔵元です。

>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

沖縄のバレンタインは泡盛いかがですか?

来月2月はバレンタインシーズンですね(^-^)
1年に1度しかないこの日、みなさんはもう準備万端でしょうか?!

 

バレンタインデー

 

バレンタインデーは大切な人に感謝の気持ちや日頃の想いを伝えるいい機会かもしれません・・・
以前には、泡盛を造るのに原料としてチョコレートを用いたこともあるそうですよ(。-`ω-))


チョコレート

 

そんなステキな日に特別な『想い』を込めるのもいいですよね(^_-)

 

 

バレンタインデー

世界にひとつだけのオリジナル「泡盛記念ボトル」です

>>世界に一つの贈り物!かりゆし沖縄のホームページはこちら

復活!泡盛新聞(WEB版)

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)

今日は久しぶりの新聞ネタになりますが、1969年から45年間にわたって発行されてきた「醸界飲料新聞」が、今月1日装い新たに「沖縄泡盛新聞」として復活したそうです。


awamori_shinbun

 

記事にもありますが、若者の泡盛離れが加速化する中で、このような動きが業界に新風を巻き起こすことは沖縄県全体にとってもメリットが大きいのではないでしょうか。。

うちにも取材きてくれないかなぁ・・・(笑)
それでは今日も一日、ゆたしくお願いさびら!!

>>よろしければ、ホームページもご覧ください!