名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄

【お祝い行事】沖縄のハチアッチーとは?

【画像】赤ちゃんの写真

はいさい! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、赤ちゃんのお祝い行事、「ハチアッチー」をご紹介します。

沖縄お祝い行事 ハチアッチー(初歩き)

ハチアッチーとは、赤ちゃんを連れて初めて外出することで、実家や親戚に生まれた我が子を紹介(披露)してまわることです。

マースデー

赤ちゃんを迎える家では、マースデーと呼ばれる出産祝いの御祝儀を渡します。

「マースは塩」「デーは代金」のことで、直訳すると「塩代」となり、魔よけの意味があります。

昔は本物の塩を赤ちゃんに贈っていましたが、今では塩の代わりに、ささやかな御祝儀を贈ります。

沖縄の赤ちゃんのお祝い行事、ハチアッチーのご紹介でした。

次回は、ククヌカンをご紹介しますね。

【画像】誕生記念の名入れ泡盛

【お祝い行事】沖縄のククヌカンとは?

【画像】晴れ着姿の赤ちゃん

はいさい! 店長の松本です。
当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、赤ちゃんのお祝い行事、「ククヌカン」を紹介します。

沖縄のお祝い行事 ククヌカン

ククヌカンとは、生後九ヵ月の九日目に行なう、子どものお食い初めの儀礼のことです。

ククヌカンでは、赤飯を炊きお祝いをしますが、赤ちゃんには、お粥のような柔らかいご飯を食べさせます。

本土のお食い初め(箸祝い)に似ていますね。

沖縄の赤ちゃんのお祝い行事、ククヌカンのご紹介でした。

次回は、タンカーユーエーをご紹介します。

【画像】誕生記念の名入れ泡盛

【子どものお祝い】十三祝い

【画像】沖縄の13祝い

ハイサイ! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は沖縄のお祝い行事「十三祝い」をご紹介いたします。

十三祝いとは?

数え年で13歳になると、男子も女子も最初の干支を迎えます。

そのため「十三祝い」といい、生まれて初めてのトゥシビー(生年祝い)です。

とくに女の子は、次のトゥシビー(25歳)では結婚して家を離れているかもしれないために、十三祝いでは家族や親戚、友人を招いての盛大な祝宴となります。

※「数え年」とは、生まれた時を1歳とし、以降、お正月(元旦)を迎える度に、1歳ずつ足していきます。

ちなみに、本土でも「十三参り」というお祝い行事があります。

十三参りは関西地方を中心に現在でも行われており、女の子が「数えで13歳」になった年の4月13日に虚空蔵菩薩に参拝し、福徳や知恵を授けてもらいます。また女性にとって13歳は、初めての厄年とされ、厄除けの意味も含まれています。

お子さまのお祝い行事におすすめの名入れギフト

お子さまのお祝いに人気の高い名前入りのプレゼントといえば、衣類やキーホルダー、食器や絵本などが人気ランキングでは上位に入りますが、私たちが暮らす沖縄では、ちょと意外かもしれませんが、名入れのお酒(泡盛)も大変人気があります。

泡盛にまつわる沖縄の風習

泡盛は樽の恩恵を受けて熟成するワインやブランデーなどとは違い、自らの成分そのものが変化して古酒になるため、ビンの中でも熟成が進む世界でも類稀なお酒で、子どもの成長と一緒に育ちます。

そして、子どもが成人を迎えた時に初めて秘蔵20年古酒の封を開け、家族や親戚の方々と大切な記念日を祝う風習が、今も受け継がれています。

【画像】お子さまと名入れ泡盛
お客様の声より

お子さまの生まれた年の蒸留泡盛で名入れできます!

かりゆし沖縄では、20年前までの各年度に蒸留した泡盛で、世界にたったひとつの名入れ泡盛をおつくりいたしますので、今年13祝いを迎えられるお子さまが生まれた年の「12年前の蒸留泡盛」で名入れ泡盛をご準備いたします。

かけがえのない大切なお子さまの二十歳のお祝いは、ぜひ泡盛二十年古酒で祝杯を挙げてくださいね。

昔も今も子は宝。

沖縄の文化・風習にふれることで、ご家族皆様の絆が深く結ばれますように-。

「十三祝い」の 意味や、おすすめの名入れギフトについてご紹介させていただきました。

【画像】生まれ年名入れ泡盛

沖縄のトーカチ祝い

【画像】沖縄のお祝い

はいさい! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、沖縄の長寿のお祝いの一つ、「トーカチ祝い」をご紹介します。

トーカチ祝い(ユーエー)は、数え88歳のお祝いで、本土の「米寿祝い」と同じですが、沖縄では米寿よりもトーカチ(斗掻(トガキ))と呼ぶ方が一般的です。

トーカチ祝いは、旧暦の8月8日に親戚一同を招いて盛大にお祝いをします。

その際、お祝いに来てくれたお客様に、トーカチ(もともとは升に盛ったお米の升切りに使っていた竹製の棒)を、お土産として配った事から由来しているようです。

トーカチ祝いでもうひとつ大切な儀式が模擬葬式です。(カジマヤー祝いで行う地域もあります)

模擬葬式はお祝いの前日、真夜中に行われ、トーカチを迎えた本人に死装束を着せて寝かせます。

そして、日付が変わると三線と太鼓の音色が鳴り響くと、本人が飛び起きて皆とカチャーシーを踊り、新しい誕生とこれまでの長寿を喜び合う、ちょっと変わった(?)習慣が今に伝わるのもトーカチユーエーの特長かもしれませんね。

皆様、いちまでぃん ちゃー がんじゅう!
(意味:いつまでもお元気で)

【動画】泡盛物語 -還暦・長寿祝い編-

【画像】かりゆし沖縄の商品ラインナップ

沖縄のカジマヤー祝い

【画像】沖縄のお祝い

はいさい!店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、沖縄の「カジマヤー祝い」をご紹介します。

カジマヤー祝い(ユーエー)は、数え97歳のお祝いで、旧暦の9月7日に行われます。

沖縄ではこの歳になると、童心にかえり、カジマヤー(風車)で遊ぶようになる。

だから「カジマヤー」と呼ばれるそうですが、一説では、昔は模擬葬式を行い、集落の七つのカジマヤー(四辻)を回ったという説もあります。

しかし、いずれにしても97歳という長寿のお祝いは、なかなかあるものではありませんので、縁起にあやかろうと小さな村や島では、集落全体、島全体でのお祝いになります。

「おじぃー、おばぁーは国の宝」

そんな世の中になってもらいたいものですね。

泡盛物語 -還暦・長寿祝い編-

【画像】かりゆし沖縄の商品ラインナップ

沖縄の還暦祝い(61のお祝い)

【画像】沖縄のお祝い

はいさい! 店長の松本です。

当ブログにご訪問頂きありがとうございます。

今日は、沖縄の「還暦祝い」をご紹介します。

干支(十二支)でできる60通りの組み合わせ「六十干支」が一巡し、61年目に再び生まれたときの干支に戻るころから、「還暦」と呼ばれるようになりました。

また生まれたときの干支に戻ることを意味する、「本卦(ほんけ)返り」とも言います。
(「還」は「かえる」「戻る」、「暦」は「干支」を意味します)

沖縄では「六十一のお祝い(ルクジューイチヌユーエー)」ともいい、本土と同じく赤い布でできたチャンチャンコや、赤い頭巾など、赤い物を贈る習慣が古くからあります。

昔は60歳まで生きていられたらそれは大変な事でしたので、まさに長寿を祝うお祝いでしたが、今は60歳でも現役で頑張っている人も多く、長寿というよりは、人生のひとつの節目、また第二の人生の門出と位置づけている方の方が多くなっています。

ましてや、長寿の島 沖縄ではこんな言葉があるくらいです。

50歳、60歳はワラビ(童)
70歳、80歳はニセグヮー(青年)
ヒャクハタチ(120歳)まで長寿して下さい

皆様、いちまでぃん ちゃー がんじゅう!
(意味:いつまでもお元気で)

【動画】泡盛物語 -還暦・長寿祝い編-

【画像】かりゆし沖縄の商品ラインナップ

贈り物をする際の注意

ハイサイ! グスーヨー チュウウガナビラ
(皆さま、こんにちは!ご機嫌いかがですか)

今日は贈り物をする際に、気を付けなければいけないことを、いくつかまとめてみました。

贈ってはいけないもの

①会社の上司や恩師など目上の人
・時計、カバン(より勤勉を意味する)
・ベルト(腹を締めてかかれ)
・靴や靴下(踏みつける

②病人のお見舞い
・鉢植え(寝つく)
・パジャマ

③夫婦や恋人、身内以外
・ネックレス、ネクタイ(首ったけ)
・下着やパジャマなど直接身につける品

④慶事に贈ってはいけないもの
・ヒガンバナや菊、シクラメン、椿、紫陽花などの花
・櫛(「苦」や「死」を連想させる)
・刃物(縁を「切る」を連想させる)

⑤新築・開店・開業のお祝い
・ストーブ・ライター・コンロなど(火=火事を連想)

現金を贈る際に気を付けること

①金包は「慶事」か「弔事」で異なります。

②用途によって水引の色も異なりますのでご注意を。
※一般的に慶事には紅白の水引を用いますが、結婚や長寿のようなお祝いごとには豪華な金銀を用いる事もあります。反対に、弔事には黒白か銀一色のものを用いるのが一般的とされています。

③金包は包み袱紗に包んで持参します。
※紫色の袱紗はお祝い事とお悔やみ事の両方に使用できますので、ひとつ持っておくと便利でしょう。

外国人に贈るとき

・ラッピングしてリボンをかけ、カードを添える

食料品

・できるだけ賞味期限の長いものを選ぶ

アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら
 

正式な贈り方

ハイサイ! グスーヨー チュウウガナビラ
(皆さま、こんにちは!ご機嫌いかがですか)

今日は、贈答品を礼にかなった方法で贈る際のポイントをいくつかまとめてみました。

礼にかなった贈答品の渡し方

①贈答品は直接手渡すのが基本です。

②贈答品は水引で結び、のしをつけた本式の体裁に整え、表書きが先方に見える状態で差し出します。

【注意】購入したお店の包装紙のまま渡しても構わない物は、手土産等の軽い贈り物だけです。

さらに礼を尽くす場合

①贈答品は盆に載せ、袱紗を掛けて風呂敷に包みます。

②先方に渡す際は風呂敷から出し、盆ごと差し出します。
※袱紗を掛けたまま又は外すかは、地方によって異なります。

盆について

盆は、一般的な贈答には塗りの無地の盆を使いますが、金やより丁寧に贈る際には片木盆という白木の盆を使います。

アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら
 

贈り物を選ぶポイント

ハイサイ! グスーヨー チュウウガナビラ
(皆さま、こんにちは!ご機嫌いかがですか)

今日は、大切な贈り物を選ぶ際のポイントを、いくつかご紹介します。

贈り物を選ぶポイント

まず一番のポイントは、自分の気持ちが相手に伝わる品物を選ぶことです。

「おめでとう!」や「ありがとう!」といった気持ちを“かたち”にした贈り物は、きっと喜ばれるはすです。

贈り物を受け取った相手の“喜ぶ顔”が自然と浮かんでくるような贈り物を選びましょう。

心が伝わる贈り物は、あなたと相手の“絆”がより深くなります。

「伝えたい心」「想う心」があるからこそ贈るのだという気持ちを大切にしたいものです。

贈り物
アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら
 

贈り物を手渡す時のマナー

ハイサイ! グスーヨー チュウウガナビラ
(皆さま、こんにちは!ご機嫌いかがですか)

今日は、「贈り物を手渡す際のマナー」について、いくつかご紹介したいと思います。

贈り物を手渡す時のマナー

まず「大切な贈り物」は、できるだけ持参するようにしましょう。

その際は前もって電話やメール等で先方の都合を聞き、事前に訪問日時を約束しておくのがエチケットです。

結婚式などの慶事のお祝いの贈り物は大安や友引に贈るようにします。

贈り物は自分の脇(出入口に近い方向)に置き、挨拶を述べてから包みを解きます。

次に「表書き」が先方に読めるように口上を述べながら静かに差し出します。

また贈りものを渡すとき「つまらないものですが」と謙遜するより、「素敵なものを見付けましたので、ぜひお使い下さい」などと、あなたの素直な気持ちを伝えるほうが好感を持たれるでしょう。

生鮮食料品等は玄関先で手渡し、その際「挨拶は後程にして、これは生物ですので先に冷蔵庫へお入れく下さい」と一言添えるようにします。

また丁寧に威厳を正して贈る際は、品物をお盆に載せてふくさをかけてから風呂敷に包んで持参します。(お店の包装紙等は取り除いて渡すのが正式です)

【お祝いごとに用いるふくさの色】
赤色・朱色・エンジ色などを用いますが、紫色はお祝いごととお悔やみ事の両方に使用(兼用)出来ます。

先方に差し出す時は、品物を風呂敷から出した状態で口上を述べてからふくさを取り、お盆ごと先方に差し出します。※地域によってはふくさをかけたまま贈る事もあります。

大切な方への贈り物に
アイコン追加バナー
販売元株式会社かりゆし沖縄
店舗のご案内・地図はこちら
フリーダイヤル0120-37-8131
お問い合せメールでのお問い合せはこちら